オリジナルのエコバッグを作ってみました!

こんにちは、Autentico店長のイマイナホコです。

2018年も残すところあと2週間💦 1年過ぎていくのが年々早くなっていきます~あ・・・って言っている間に終わってしまうみたいと私は1人あたふたしている今日この頃です。

FaceBookInstagramではオリジナルのトートバッグの写真をちらちら掲載していますが、今日のブログでは、詳細について書かせてください。これも長くなりそうなので、このブログでは2つのパターンの内の1つ、”A dog and a bird at Teebom”についてです。インドのことわざシリーズ”Message from Heart“は次回、ご紹介させていただきます。

”A dog and a bird at Teebom”は静岡市葵区にあるTeebomの実店舗の外観です。友人でもあるイラストレーターの鈴木千晶さんの描きおろしです。

千晶さんには以前に、オリジナルクッキーChew Well!の商品ラベルをお願いして、とっても素敵に仕上げていただきました。

オリジナルクッキーChew Well!の原画

上の原画を商品パッケージにさせていただきました。Teebom’s Coffee & Tea からお求めいただけます。

そこで、今回も、バッグを作るなら「千晶さんにお願いしよう!」と・・・私は彼女の描く鳥や人や風景のイラストがとっても好きなんです。

早速千晶さんが描いてくれたTeebomのお店の外観のスケッチは一目で気入り、そこに千晶さんのご配慮で私の好きな犬と彼女の好きな鳥を加えてくださいました。お店に気軽に入っていただけたらとの想いを犬と鳥に託しました。

イラストがとっても素敵にできたので、シンプルに背景に色を足して、インドの生産者グループにデータを送り、プリントと縫製を依頼しました。そこからがちょっと手間取りました・・・

一般的にはパントーンと言う色見本を使うのですが、この色見本がなかなか高価なので、インド側も私の方も購入できず・・・共通の色認識を持てなかったので、こちらが希望する色がなかなか再現してもらえませんでした。

この手提げは黄色、ピンク、水色と緑の4色展開です。インド側のコーディネーターのSyamala(シャーマラ)と話をしていく中で、各々のパソコンで見ている糸や個々のプリンターで印刷した時の色がみんな異なっていることがわかりました。そこで、こちらの希望する色を印刷して送ることになりました。あちこちのコンビニやコピー屋さんで試し刷りをし、希望する色に一番近いコピーを選んでインドへ郵便で送りました。

プリントを担当する職人さんがちゃんと色を再現してくれて、とっても素敵な4色の手提げが出来上がりました。

縫製に関しては、以前作ってもらったバッグやポーチなどがとてもきれいに縫われていたので、何の不安もなく・・・丁寧にしっかり作ってくれてあります。

コットン製のフラットな手提げですので、たたんでバッグやカバンの中に1枚。

エコバッグは何枚も持っているけど・・・フェアトレードのエコバッグを持ってみるのはいかがですか?

図書館用、お稽古用、買い物用・・・と色別に使ってみるのはいかがでしょうか?!

ご注文お待ちしています。こちらからです。